洗面化粧台を外す 洗面台編

「洗面化粧台を外す 洗面台編」ということで、ウォールキャビネット編に引き続き、メインである洗面台を外していきます。
※ウォールキャビネット編はこちらより
洗面化粧台を外す ウォールキャビネット編

まず、あらかじめ確認しておく点がいくつかあります。

  • 外した洗面台の置き場所を確保し養生する(通常はウォールキャビネットとセット)
  • 中に入っている洗面用品を全て出しておく(引き出しタイプは引き出しごとでOK)
  • 壁際にコーキングが打ってある場合はカッターで切っておく
  • メーターから水を止め残り水を抜いておく

それでは外していきます。

水受けトレイを置き排水トラップを外す

PタイプとSタイプのどちらにしても、袋ナットを緩め、Uの字の部分(U管)とその先(ステッキ)を外します。
洗面化粧台 トラップ
材質が樹脂の場合は手で外せますが、メッキの場合には縦型のモーターレンチを使用します。U管の部分に水が溜まっているので、水受けトレイに出し、洗面器の中にでも置いておきましょう。パッキンをなくさないように注意してください。
※最後に洗面台を移動した後で良いので、排水の口(配管側)を養生しておきます。

背壁に固定されているビスを外す

ビスの頭の前に給水ホースなどの邪魔者がある場合は、それらを外した後で大丈夫です。
洗面化粧台 ビス
外したビスは養生テープでまとめて洗面器に貼り付けておきましょう。稀にビスで固定されてないケースもありますが、取り付けの際にぐらつくようであれば、固定する必要があります。ビスで固定されていないケースでは、コーキングが打ってある事もあるので、カッターで切っておきましょう。(クロスを切らないように注意です)

止水栓とフレキ(ホース)の接続を外す

接続部の袋ナットを外します。
洗面化粧台 止水栓
この時にも多少水が出ますので、トレイやウエスを置いておいた方が良いでしょう。

メッキ管と止水栓を外す

給水が床 or 壁?、点検口あり or なし?などありますが、基本的にはメッキ管ごと止水栓を外し、テストプラグをねじ込んでおきます。
テストプラグについて

給水が床からの場合はテストプラグが届かないこともあるので、その時は洗面台を移動してからテストプラグをねじ込みます。メッキ管を残してキャップナットもいう対応もありますが、テストプラグが用意できない場合以外は、あえてそうする必要はないでしょう。

洗面台を持ち上げて移動する

最初に軽く持ち上げてみて、他に固定されている箇所がないかを確認します。(稀にサイドの棚や床にビスで固定されています)大丈夫そうであれば持ち上げて移動しますが、この作業は極力2人で行います。これは洗面台の重量というよりは、壁や洗面台を傷つけないようにするためです。あらかじめ養生しておいた場所に運び、ブルーシートか何かを掛けておくと良いでしょう。

以上で、洗面台を外す作業は完了です。ちなみに、最終的にメーターを開けて水を生かしますが、
その際にねじ込んだテストプラグの部分から漏水していないか、確認しておきましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

洗面化粧台を外す 道具編
 ⇒便器を外す 道具編

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です