ポリ管で一番やりたくないミス

架橋ポリ管の施工をする際に1番たちの悪いミスと言えば何を思い浮かべるでしょうか?私もこれまでにい色とミスをやらかしてきましたが、その中でも特にダメージが大きかったのが「サヤ管を切る時に中のポリ管を傷付けてしまうこと」です。(上の写真のようにポリ管が通管しているケース)

なぜこれが1番たちが悪いかと言いますと、”後からわかる事が多い”からです。後からというのはつまりテストを掛けた時や通水時、または最悪のケースではお客さんが使用している時です。これは詳細を後から説明しますが、施工する季節や切断時の刃の入り方によってポリ管の挙動が変わってくることによります。

なぜポリ管が傷付くのか?

架橋ポリ管はCD管のようなサヤ管に限らず、スチロール製やゴム製などの被覆に覆われた状態で配管します(通管済か後通管かは場合による)。その際に末端部分は継手を接続しますから、サヤ管のみをカットしてポリ管を一定の長さ露出させることになります。

ある程度ポリ管の施工に慣れた方であれば、ポリ管入りのサヤ管をサヤ管のみカットしようとした場合には、中の管を傷付けないように細心の注意を払います。しかし現場に以下のようなサヤ管カッターが無く普通のカッターを使用したり、慣れによって注意が欠けていたりすると、中のポリ管を傷付けてしまうのです。

特に普通のカッターを使用してしまうと、どんなに熟練の方でも何本も切っていると必ずと言ってよいほど、中のポリ管に刃が触れてしまうものです。まず大前提として普通のカッターを使わない事、サヤ管カッターを使う場合でも必ず少しずつ刃を送り偏った力が加わらないようにすることが重要となります。

時間差で被害が出る理由

繰り返しになりますが、このミスの悪いところは後から被害が出る事です。刃がざっくりと入っていれば水圧テストを掛けた時点で漏れますからその時点で直すことが出来ます。もし、微妙に刃が入っている場合には水圧テストをスルーしてしまい、お客さんの使用状況によってある日いきなり漏れます。これはポリ管が柔らかく温度に非常に敏感であり、温度が低い時に力が加わればパキっと折れますし、温度が高ければ膨張して亀裂が入る事もあり得ます。

つまり、季節やお客さんの使用状況によって、いつ漏れるか分からないため、ポリ管に少しでも刃が入ってしまった場合は漏れると思った方が良いでしょう。

ということで、ポリ管入りのサヤ管のサヤ管のみをカットする場合には、専用のサヤ管カッターを使うこと、もしどうしても普通のカッターを使う時は超慎重にカットし少しでもポリ管に刃が触れたらやり直すことをお勧めします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です