配管工なら必ず行うべき身体のメンテナンス3選

配管工にとって身体のメンテナンスは非常に重要ですよね。職人は身体資本ですから、身体が満足に動かせなければ、ベストなパフォーマンスを発揮することはできません。

ただ、重要だと分かってはいても、意識してメンテナンスをしているでしょうか?

「健康」に興味がある方や好きな方は、それこそかなりのこだわりを持って食事のメニューを決めたり、エクササイズに励んでいるかもしれません。ですが、ほとんどの方は特に気にせず毎日を過ごしていませんか?

身体は20歳を境に衰えていきますし、こってりした食事・タバコ・お酒の飲み過ぎ・寝不足などを積み重ねていけば確実に配管工としてのパフォーマンスは落ちていきます

年齢的な部分はある程度経験でカバーできますが、それでも意識的なメンテナンスは必須なのです。

そこで今回は、私が特に強くお勧めしたい「身体のメンテナンス3選」をご紹介します。難しい内容ではありませんから、ぜひ日常生活に取り入れてみてください!

1.虫歯治療と噛み合わせのチェック

まずは「歯」の健康についてです。大事なのは定期的な検診や早めの治療により虫歯を悪化させないことと、上下の歯の噛み合わせです。

虫歯はとにかく早めに見つけて治療する

現在、私の妻は虫歯0で99%は自分の歯です。コレは3ヶ月に1回ペースの検診と毎日の意識的なハミガキ(フロス)のたまものだそうです。

私は逆で、奥歯の半分は神経まで治療されて銀歯などの「かぶせもの」があり、現在も歯医者に通っている状況です(汗)さすがにここ最近はハミガキに気を使ってますが。

そんな私が虫歯を早めに治療するべきだと思う理由は以下です。

  • 痛い、しかもシクシクと嫌な痛み
  • 悪化すると治療が長引くしお金もかかる
  • 口臭がまずいことになる
  • 虫歯じゃない方の歯で“噛みグセ”が出る
  • 歯の形が変わるほど悪化すれば歯並びにも影響が出る

コレらを見ただけでも、良くないことはお分かりいただけると思います。

最近は日曜や祝日に診療している歯医者も多いですし、少しでも痛みがあったり、穴が開いているなどあれば、できるだけ早い受診をお勧めします。

噛み合わせは甘くみているとヤバい

口を閉じた時や歯を食いしばった時に、上下の歯がしっかりと当たっているでしょうか?

矯正歯科医さんに聞いたのですが、正常な噛み合わせは上下が当たっているのはもちろん、下の歯が少し内に入っている状態だそうです。

私は残念ながら虫歯に引き続き噛み合わせも悪く、左側の奥歯4本(噛むのにはメインとなる歯)がほとんど当たっていません。

ものは噛めますし食事には全く影響ありませんが、やはり右の歯での噛みグセがあるようで、右の歯の方が多く治療しています。

この噛み合わせがヤバいのは、噛みグセによって歯の寿命を縮めるだけでなく、顔のゆがみや身体のゆがみによる体調不良、更には精神的な病気まで引き起こす可能性があることです。

こちらも、少しでも違和感を感じたら、歯医者で噛み合わせを診てもらうことをお勧めします。できれば矯正歯科が良いと思います。

2.太らない(適度な筋トレと食事)

配管工は肉体労働とは言え、食べたいものを好きなだけ食べ、お酒も飲んでいれば余分な贅肉が付いてきます。つまり太るのです。

太るとどうなるかと言いますと、配管工として、男として次のような害が出てきます。

  • カラダが重くなり動きが鈍くなる
  • 疲れやすくなる
  • 狭小箇所に入りにくくなる
  • 健康面に悪影響が出る
  • 怪我をしやすくなる
  • ビジュアルが悪くなる

いきなり全ての害が出るわけではありませんが、1つや2つは確実に感じるようになるはずです。

そうならないためにも日頃から心がけたいのが、「適度な筋トレと食事」です。

食事に関しては、脂肪・炭水化物・糖質・塩分をできるだけ控え、タンパク質・食物繊維を多く摂取することです。加えて、腹8分目と一口20回以上噛むことを心がけていれば、それだけで十分です。近々フルマラソンを走るとか、現時点で体脂肪率30%以上、などのケースにはそれだけではダメですが・・・

リピート必至! 低糖質の豚骨ラーメンを食べながら楽々減量

2018.01.28

そして筋トレです。いくら配管工が肉体労働とは言え、慣れてくれば作業に必要な筋肉しか使わなくなります。

特に下半身の筋肉群と体幹は意識的に鍛えるべきです。

毎日ハードに体動かしてるのに帰ってからも筋トレしなきゃダメ?
脱!ワンパック 〜腹筋を割れば人生が変わる〜

3.質の良い眠りをとる

みなさんは毎朝スッキリと同じ時間に目覚められるでしょうか?

もし、スヌーズ機能を何度も使ってようやく起きる、明らかにダルくて疲れが残っている、日中も眠くて仕方ない、などの場合には良質な眠りを確保できていない可能性があります。もちろん単純に睡眠時間が少ない場合もあるとは思います。

目安としては7時間以上眠っているのに症状があれば、本気で「眠りの質」を考えた方が良いです。

ここで、眠りの質が悪くなると言われている原因を挙げますので、当てはまる項目がないか確認してみてください。

  • 毎日寝に入る時間が不規則
  • 夕飯を食べてから寝るまでの時間が短い(3時間未満)
  • 夕飯をお腹いっぱい食べている
  • 深酒している
  • 寝る直前に興奮するゲームや映画観賞をしたりSNSをする
  • 昼間に長時間寝てしまった(休みの日など)
  • 太っていてイビキがうるさいとよく言われる
  • 深刻な悩みを抱えている
  • 夜中に何度もトイレで起きてしまう
  • 工事や電車などの騒音や振動で起きてしまうことがある
  • 室内が暑すぎる(寒すぎる)
  • カラダが疲れていない(休みの日や作業が軽かった時)

この中で、1つでも該当する項目がある方は、眠りが阻害されている可能性があります。全てクリアしていれば、質の良い眠りにかなり近いはずです。

人間は人生の3分の1近くは眠っているわけですから、とことんこだわっても損はありません。

今話題の高反発マットレス「マニフレックス」

今回のまとめノート

いかがでしたか? 今回紹介した3つがどのくらい実践できていたでしょうか。既に3つとも意識して実施されているという方は、ぜひともそれを維持していただき、1つでもできていないという方は、このページの内容を参考にしていただければと思います。

配管工として最大の資本である身体をしっかりとメンテナンスして、ぜひ現場で最高のパフォーマンスを発揮してくださいね!

では、良い配管工ライフを!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です