硬いねじ込みを外すワザ

ねじ込みによる配管は古いものになると、シール剤の固着やサビにより外すのが困難な時があります。私も現場(特に改修工事)でそんな場面に数多く遭遇しましたが、色々と工夫することで何とかねじ込みを外すことができます。そんな工夫についてまとめてみました。

ヤトイを使い力を増幅

太さにもよりますが、1番簡単なのはパイプレンチを大きくすることです。300㎜のパイレンより450㎜のほうが力が入るのは当然です。ただ、スペースが、限られていたり大きなパイプレンチがすぐに用意できない場合には下図のように「ヤトイ」を使用します。

パイレンのヤトイ

適当な長さのステンレスパイプや足場パイプを、柄に挿し込んで長くすることでモーメントを増幅します。
※細い管は一方向から強い力をかけすぎると、潰れる可能性があるので注意してください

トーチ&ハンマーを使う

古いシール剤が固着している場合には、トーチランプで継手と管の接続部分を炙ってやると、割と外しやすくなります。

更にある程度太い管であれば、継手を炙りながらハンマーで叩いてあげると、サビが落ちると共に振動でシール剤が剥がれやすくなります。

ただし、炙る際には周囲に可燃物がないかなど、十分に注意してください。また、ハンマーで叩く際も振動で他の腐食箇所が折れたりしないかなど、十分に確認してください。

どうしてもムリなら切る(割る)

これは最終手段です。
どうやっても外せない時は、パイプまたは継手に切れ目を入れて割ることができます。ただし、ねじ部を傷付ける可能性があり、ある程度の熟練者でないと難しいかもしれません。なるべく避けたほうがよい方法です。

ちなみに、トーチで炙り、更にヤトイを使って力を増幅させれば大概のねじ込みは外せますので、最終手段を使わなくて済むように頑張ってみてください!
最後まで読んで頂きありがとうございました。

ねじ込みで力を入れる方法
パイプレンチの種類

スポンサーリンク

3 件のコメント

  • こんにちは。
    毎日のように見させて頂いてます。

    どんごりさんは
    改修工事でバルブが固くて
    閉まらないとき、どのようにして
    閉めてますか?

    特にペンキが塗装されてあるバルブが
    固くて閉まらず日々苦労しています、、。

    お手透きの際で結構ですので
    ご教授頂けると嬉しいです。

    • ベビーマリオさん、コメントをありがとうございます!

      ハンドルの部分も塗装されているのですか!? それはイカツイですね。。。
      バルブの種類にもよりますが、私の場合は以下のような順で確認していきます。

      ①グランドを緩めてみる
      ②軽くコンコン叩いてみる
      ③パイレンをかける

      バルブが残しになる場合には②、③はあまりハードにできないので、なかなか難しいところですね。
      バルブが硬くて回らないのはサビがかんでいる場合が多いと思いますが、今回はペンキも悪さをしていそうですね。

      もし毎回バルブが硬くて作業に大きな支障をきたす(どうにもできない場合も出てくる)ようであれば、他の部分を閉めて作業するなど、手順自体を見直すことも選択肢として考えられるかもしれません。
      月並みな回答ですみませんが、よろしくお願い致します。

  • お忙しい中、ご回答ありがとうございます!

    ハンドルも塗装されてるんですよ、、。

    ありがとうございます。
    教えて頂いたことをもとに
    やってみます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です