支持金物の種類

配管をするに当たっては、指示金物が必要不可欠です。指示金物は、配管する場所(天井内、床下、PS内容など)によって適切なものを選択する必要があります。そこで、配管に使用される代表的な指示金物(◯◯バンドと言われるもの)について、整理しておきたいと思います。

吊バンド

主に天井配管で使用します。通常はコンクリートにアンカーを打ち、高さに合わせて全ネジをねじ込んで吊り下げます。配管の種類によって、プラスチック・ゴム・ウレタンなどが付いているものがあり、用途によって使い分けます。

上から鉄管用、SUS管用、防振、スリーパー
吊バンド GP吊バンド デップ吊バンド 防振吊バンド スリーパー
また、片受けの形になっていたり、下部が開くタイプなど、配管がしやすいように工夫されているものもあります。

立てバンド

壁ぎわやPS内の配管に使用します。ターボ羽子板やT字脚を固定し、そこに固定します。
ターボ羽子板 T字足
吊バンドとほとんど同様の種類があります。
立てバンド ビニール 立てバンド デップ

床バンド

主にPS内の竪管に使用します。スラブ貫通部にて、スラブ面にちょうど乗るような位置で固定します。
床バンド 

レベルバンド

主に床下排水配管で使用します。本体をビスやアンカー(Tピンなど)でスラブ面などに固定し、ナットにより高さを調節して固定します。勾配の調節が容易です。
レベルバンド

サドルバンド

主に壁や床に直接配管を固定する場合に使用します。そのままビスやアンカー(Tピンなど)で固定できるので、施工は比較的容易です。
サドルバンド GP

Uバンド(Uボルト)

重量や太さがある程度大きい配管に使用します。エル型アングルやスペースマンなどを、壁や床に固定し、そこに取り付けます。吊バンドや立てバンドと同様に様々な種類があります。

上から防振、スリーパー
Uバンド 防振 Uバンド スリーパー
また、指示金物については、種類の選定以外に材質(メッキ・ドブメッキ・ステンレス)にも気を使う必要があるかと思います。
※改修工事では、腐敗して支持の役割を果たしてないものを、よく見ます。

実際の現場では、配管ルートを見てぱっと指示方法が思い付くようになると良いですね。私も頑張ります!
最後まで読んで頂きありがとうございました。

P.S.
指示金物取り付けにはやはりこれが便利です。
吊バンドレンチ

バンドに関係する記事は以下より。
UボルトとUバンド
サドルバンドによる支持のコツ
竪管の径が変わる場合の注意点

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です