MDの施工方法を整理 基本編

排水用鋼管の接続によく使用されるMD継手について、基本的な施工方法を整理したいと思います。MD継手の施工はポイントを抑えておけばそこまで難いものではありませんが、一歩間違えると結構簡単に漏れてしまいます。今回は基本編という事で、一通りの施工の流れを整理したいと思います。

※パッキンの種類

前提として、フランジに付属する2種類のパッキンの違いを説明します。
パッキンは管が貫通するロックタイプと、管端まで包むクッションタイプに分かれます。
左:クッションパッキン  右:ロックパッキン

MD クッションパッキンMD ロックパッキン

施工手順に大きな違いはありませんが、ロックタイプは先にパッキンとフランジをセットした状態に管を差し込む事が出来ます。また、クッションタイプは管端までパッキンが覆うため挿入がしづらいですが、その分継手に密着します。

施工手順

①管の切断

管は真っ直ぐ切断し、DVLPなど鋼管の場合は管端に防錆剤を塗布します。
とにかく真っ直ぐ切る事が重要で、曲がっていると締め付けの際に歪んでしまいます。

②マーキングとフランジ・パッキンの挿入

現場のルールに従ってマーキングを行い、フランジとパッキンを挿入します。
間違う事はないもは思いますが、フランジもパッキンも向きに注意しましょう。
クッションタイプの場合は、管端までぴったりパッキンが密着するようにします。

マーキングについて

③継手への管の挿入

管を必ず継手の飲み込みまで挿入します。
特にクッションタイプの場合は真っ直ぐ均等に差し込まないと入りにくいので注意しましょう。
※熱による配管の伸縮を考慮して継手と管端をあえて数ミリ空ける方法もあるようなのですが、これまで現場でそのような施工をした経験はありません。

④ナットの締付け

挿入後はボルトナットを、まず手締めて回せる程度まで締め付けます。
その後、インパクトやラチェットレンチなどの工具で均等に締め付けていきます。片締めにならないためには、各ナットを少しずつ締めるようにし、隣のボルトを順番に締めるのではなく対角のボルトを締めるようにします。

MD締めつけ順また、教科書通りの締め付けでは、最後にトルクレンチによって確認を行います。
締付けトルクについて、参考までに長谷川鋳工所の施工手順書をリンクします。
施工手順

ただ、現場では時間が掛かるので、全ての締め付けをトルクレンチで確認するような事は、ほとんどないのが実情です。というより、200Aなどの太物でもない限り、インパクト(14.4V~)で均一に締付ければ、まず既定の締付けトルクは満足します。逆に50Aなどの細物の場合は、締めすぎてフランジが割れたりボルトがちぎれることがありますので、その点は注意してください。

以上がMD継手の施工に関する基本的な手順になります。
現場での作業に役立てて頂けるとありがたいです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

MDの施工方法を整理 道具編

MDの施工方法を整理 裏技編

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です