支持金物

後から出来ない支持

配管をする時の支持金物は、本来は先に取付けるかと思いますが、実際の現場ではそうもいかないケースが出てきます。例えばその時に材料や道具がなかったり、支持方法が確定していなかったりする場合です。そんな時に注意しなければならな … 続きを読む

吊バンドを吊る時の配慮

「バンド吊り」と聞くと吊りバンドを淡々と吊っていく地味な作業のように思えますが、実はかなり奥が深いです。排水の場合は勾配を考えなければなりませんから、それなりに難しいのは直感的に分かりますが、今回はバンドそのものにひと工 … 続きを読む

天井配管の吊りピッチ

天井配管においては、吊りピッチが重要になってきます。 適切な位置で吊りが確保できていないと、配管がしにくいだけでなく、強度が確保できず、最悪の場合配管のたわみ・変形・脱落などが起こってしまいます。 具体的な基準 基本的な … 続きを読む

吊バンドの吊り方色々

天井配管を支持する金物と言えば「吊りバンド」が一般的であり、その吊り方には色々とパターンがあります。新築工事では、ほとんどが雌ネジのアンカー(3分)を打ち込み、そこに全ネジでバンドを吊る形になりますが、改修工事では他にも … 続きを読む

アンカー打ち失敗時の対応

配管の施工においては、配管の支持が必ずいりますが、その際にはアンカー打ちという作業が付いて回ります。床・壁・天井が木であればビスで固定できますが、コンクリートの場合にはアンカーを打ってからそこに支持金物を取り付けます。 … 続きを読む

支持金物の種類

配管をするに当たっては、指示金物が必要不可欠です。指示金物は、配管する場所(天井内、床下、PS内容など)によって適切なものを選択する必要があります。そこで、配管に使用される代表的な指示金物(◯◯バンドと言われるもの)につ … 続きを読む

竪管の径が変わる場合の支持金物について

団地などある程度高さのある建物の竪管は、階によって管径が違ってくるケースがあります。例えば、直結増圧方式であれば、給水管は上階にいくほど細くなるのが一般的です。この時、もし竪管の支持を「スペースマンとUボルト」などでやる … 続きを読む