鉛のカールプラグ お気に入り

コンクリート面にビスを打つ場合に、カールプラグを使用する事があると思います。 これはコンクリート面に木用ビスを使用して、器具などを取り付ける際に使用するもので、器具に付属しているビスでもかなりガッチリと固定する事が出来ます。

カールプラグ 樹脂※株式会社オノマシン

このカールプラグですが、大きく分けて樹脂製のものと、鉛製のものに分かれます。と言っても、鉛製を見るのは結構稀で、器具に付属しているものはまず樹脂製ですし、材料注文時もあえて指定しないと樹脂製が来てしまうと思います。

私達の現場ではみんな鉛製がお気に入りなので、あえて鉛製を注文して使っています。

なぜ鉛製が気に入っているか

  • ビスの食い付きがいい
    鉛は柔らかく粘りのある金属ですからビスとの相性が良く、ビスがしっかりと食い付く感覚があります。
  • 壁から出っ張らない
    樹脂製のものは、壁から少し出っ張ってしまった時に、どんなに叩いてもそれ以上入りませんが、鉛製のものは、ある程度なら叩けば潰れて出っ張らずに下穴と馴染みます。
  • 耐久性がある
    樹脂はビスを挿入すると、プラグ自体が削られる様になるため、ビスを何度か抜き挿しするとプラグがボロボロで使い物にならなくなる事があります。その点、鉛はビスの形に鉛が変形するので、割と何度も抜き挿ししてもプラグ自体は大丈夫です。

以上が鉛製の良い点になりますが、あくまでも私を含めた仲間内の意見ですので、樹脂性がお気に入りの方はもちろんそれでも問題ありません。基本的に樹脂製の方が安いですしね。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
アンカー打ち

P.S.

ご自身でアンカープラグを購入する際には、使用するビスの径に適合したサイズのものを購入するように注意してください。ビスの径ごとに沢山の種類がありますので、くれぐれも間違わないようにして頂ければと思います。参考までに、洗面化粧台などの取付けに使用されるビスに対応しているカールプラグは以下になります。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • はじめてましてTONAといいます。

    少し気になったので
    現在鉛は環境面からみてNGみたいですね

    TOTOさんもそのあたりからAYボルトはもう使用してないようです
    技術相談に問い合わせてみたらブログネタになるかも
    数年前は鉛と樹脂プラグとの比較書類をFAXしてくれましたよ

    では,

    • TONAさん、コメントをありがとうございます!
      比較書類をFAXしてくれるとは知りませんでした。貴重な情報をありがとうございます!確かに鉛と聞いただけでもイメージは良くないですし、メーカーでも生産は終了してますし、少なくとも使用感だけを優先に材料を選ぶのはやってはいけないですね。
      メーカーなどに色々と確認してみます。
      ご指摘ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です