耐火二層管の施工でやってしまいがちな失敗

耐火二層管といえば、排水の配管ではかなり主流ですよね。衛生配管をやっている方なら施工の機会は多いかと思います。現場では「とみじ」とか「ふねん」なんて呼ばれることも多いですね。今回はそんな耐火二層管について、配管時によくやってしまう失敗や事故例をまとめてみたいと思います。

中の塩ビ管がすっぽ抜け

耐火二層管を扱う際にまず注意しなければならないのが中身の塩ビ管だけすっぽ抜ける事です。これはよくやってしまうにも関わらず、時には大惨事になってしまいます。

例えば高所から塩ビ管が落ちて人に当たったり、上階のシャフトから落とした管が天井を突き破って、営業中の店舗に落ちたなんて事もありました。真物の場合はまだ中にゴムなどが入っていて抜けにくいですが、切断すると特に抜けやすくなりますから、この点だけは常に注意しておく必要があります。

特に加工担当が経験の浅い職人さんになりがちですから、自分が注意するのはもちろん一言注意してあげる優しさも必要かと思います。

のり忘れ(差込み不良)

のり付け時には皮がくせ者です。まず、皮のせいで飲み込みマーキングをしてもよく見えませんから、反対側で皮から塩ビ管が出ている長さを確認するなどしましょう。

%e8%80%90%e7%81%ab%e4%ba%8c%e5%b1%a4%e7%ae%a1%e3%80%80%e9%a3%b2%e8%be%bc%e3%81%bf%e7%a2%ba%e8%aa%8d

また、メーカーによっては以下のように継手にスポンジが付いているものがあります。

%e6%b5%85%e9%87%8e%e7%b6%99%e6%89%8b

このスポンジ部分が5㎜〜10㎜程度ありますから、挿入後に少し抜けてしまったり、細物の最小短管がのり無しで挿さっていても気が付かないなんて事があり得ます。実際のところ、飲込みが甘くても通水したくらいでは漏れませんが、満水テストや流し長時間続けたりすればほぼ漏れます。ということは実用し続ければいつかは漏れると思った方がよいですね。

皮の入れ忘れ

普通に配管していて皮を入れ忘れるという事ではなく、のり付けしにくいから一旦外しておいて後から入れようと思ったけど、入らなくなってしまったというパターンです。

%e8%80%90%e7%81%ab%e4%ba%8c%e5%b1%a4%e7%ae%a1%e3%80%80%e7%9a%ae%e3%81%8b%e3%82%99%e5%85%a5%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84

こうなると半割で入れて不燃テープで補修するなど、結構な手間になってしまいますから、“皮の入れしろ”をよく考えて配管しましょう。
これらの点は確認あるのみなので、配管時は怠らないようにしたいです。

その他

加工場ではなく配管場所で切断する際などに、塩ビノコ(パイプソー又はシャーパー)で皮を切断してしまうことがあります。1度でも皮を切ってしまうと途端に塩ビ管の切れ味が悪くなりますので、現地での切断が多い場合には、出来れば皮用と塩ビ用を分けた方が良いでしょう。

まとめ

今回は耐火二層管の施工でやってしまいがちな失敗をまとめてみました。実はどれも私が一度は経験したことのあるものです(汗)そして職人仲間も同じような失敗をするのを何度も見てきました。それだけちょっと気を抜くと起こり得ることなのです。ですが、今回の内容を施工前にちょっと思い出すだけでも、少なくとも大事故につながる可能性はぐんと減ると思いますから、ぜひ施工時の参考にして頂けるとありがたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です