制水弁はあてにならない

給水管の更新工事の時など、水を止めるために制水弁を閉めますよね。実はこの制水弁てのが厄介者で、たまに効かない時があるんですよね。特に築年数が経過している建物だと思います。

どのような改修かにもよりますが、のり付けの場合には何とか水が来ないようにしなければならないですし、出続ける水の処理も考えなければなりません。ですので、実際には制水弁は効かないものとして、事前の準備をした方が良いと思います。

例えば、出来る限りのり付け箇所を少なくしておくとか、水をくみ出すためのポンプを段取りしておくなどです。私も何度か制水弁が効かない現場がありましたが、事前準備をしていたので、焦ることなく作業出来ました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です