現場で起きるトラブルはほとんど同じ!?最も早く解決する方法がコレ!

 

建設現場で働いていると、何かしらトラブルってありますよね?

例えば、配管が漏水して現場が水浸しになったり、器具付けの時に配管がぶつかって収まらなかったり。

 

そんなトラブルに遭遇した時に、最も早く解決する方法は何だと思いますか?

「そんなものあるわけ無い!」と言われるかもしれませんが、実はあります。それも確実な方法です。

 

これを知れば、現場でイライラしたり焦ったりすることは減りますし、余計な時間をかけずにトラブルを解決できるため、「あの現場は本当にうまくいった」と思えるようになりますよ。

その方法とは・・・

 

現場でよく起こる「トラブルの事例と解決方法をまとめたレポート」を利用すること。

なぜそのレポートを利用すべきなのかはこれから説明していきますね。

 

※今すぐ中身が見たいという方は以下のリンクから確認してみてください。

【現場で使える!】配管で起こる問題や失敗の事例と防止・解決方法【集大成】

 

トラブルを最も早く解決する方法とは?

現場で起きるトラブルを最も早く解決する方法とは、「トラブルの事例を多く知り、対処方法をストックしておくこと」です。

なぜなら、起きるトラブルというのは実はほとんど同じ、つまり既に誰かしらが経験しており、解決方法が分かっているから。

 

さらに言えば、これは次のことに裏打ちされています。

 

  • 配管する管種は決まっている
    いきなり新種の管材を使うとか、誰もやったことが無い支持方法を採用するみたいなことは、ほとんどありません。
  • 建築の順序や工事の手順はほぼ決まっている
    鉄骨造の新築なら「躯体→コンクリート→墨出し→先行配管→軽量・ボード→配管→仕上げ→器具づけ」のような流れは変わりません。
    または、マンション専有部の改修工事なら「器具外し→開口→配管→復旧・仕上げ→器具づけ」みたいな流れです。

 

起こりうるトラブルはある程度想定・予防ができ、解決方法も分かっているなら、それをどれだけ知っているかによって、いざという時にどれだけ早く対処できるかが決まってくるということ。

なので、日頃から自分が施工する内容に対して注意すべき点を考えておき、起きてしまったトラブルを解決した経緯は確実に憶えておくようにしましょう。

 

トラブル事例を学ぶことの大切さ

自分が経験したトラブルを憶えてこくことは大切ですが、実際それだけでは不十分です。

なぜなら、いくら職人経験が長い人でも、自分だけが経験したトラブルというのはたかが知れているから

 

ちょっと考えてみて欲しいのですが、現場で事故が起こった時に、朝礼で全体に周知したり書類を使って周知会をやったりするのはなぜでしょうか?

これは、事故事例を共有し、同様の事故を絶対に起こさないようにするためですよね。

 

では配管時に起きたトラブルについて、同じように共有してくれることは果たしてあるでしょうか? よほどの大漏水とかでない限り、おそらくは無いと思います。

つまり、他の人が経験しているトラブル事例について、まとまった情報を得ている職人はほぼいないということ

 

これは非常にもったいない話です!

 

それに経験が少ないうちは自分でどんなことが起こるか考えるのも難しいですし、逆に経験豊富な人は後輩や新人が起こしたトラブルの尻拭いをするなんてことも、出来るだけ少なくしたいはず。

他の人が経験して解決してきた事例に学び、日々の配管に活かすことが非常に重要になってくるのです。

 

これによって起こるほとんどのトラブルは屁でもなくなりますよ。

 

たくさんの事例が一瞬で手に入るアイテム

自分で経験したことに加えて、トラブルの事例を学ぶことはとても大切です。

とは言え、たくさんの職人に自分で聞いてまとめるなんて超面倒ですし、ネットでも一つ一つ調べるなんてできませんよね。

 

そこで、そんなたくさんの事例が一瞬で手に入るアイテムを作り出しました。

 

それは具体的に何かというと、私が自身の経験・関連書籍・100人を超す職人や監督へのヒヤリングなどから、「トラブルの事例と解決方法をまとめたレポート」です。

で、先にお伝えしておきますが、このレポートは有料です

 

その理由は、レポートを本気で活用してもらいたいと思っているから。

中身を読んで「ふーん」で終わってしまっては、私がそれを分からなくても、全くあなたのためにならないからです。

 

全てに目を通し、現場で活用して初めて価値が出てきますからね。

【現場で使える!】配管で起こる問題や失敗の事例と防止・解決方法【集大成】

 

 トラブル事例集を活用するメリット

レポートを手に入れることによって、たくさんのトラブル事例を一気に知れるだけでなく、以下のような利点があります。

 

  • 施工時に注意すべき点が見えてくるためミスが減る
  • つまらない施工のミスによって無駄な時間をかけることがなくなる
  • 経験の浅い職人に対して起こりうるトラブルを知識として提供できる
  • いざトラブルが起こった時により早い対処ができるようになる
  • トラブル事例のまとめ方が分かるので自分の経験を記録しやすくなる
  • 施工前に要点をつかめるためスピードが上がる

順に説明していきますね。

 

施工時に注意すべき点が見えてくるためミスが減る

どんな管種でも施行時に確実に注意すべきことがあるものです。

例えば、ねじ込みならねじ調整を確実に行うとか、のり付けなら水気やホコリに注意するなど。

 

それを分かっているだけで、基本的なミスはほとんど無くすことができます

 

つまらない施工のミスによって無駄な時間をかけることがなくなる

ちょっとしたミスが時にとんでもない二度手間になったり、直しに多くの時間を要したりします。

例えば、VB管とVA管を間違えて0から配管し直しになってしまう、障害物によって排水の勾配が確保できずルート変更を余儀無くされるなど。

 

これらの時間は当然のことながら“完全な無駄”ですよね。

ちょっとしたミスが減れば、そういった無駄は無くなります。

 

経験の浅い職人に対して起こりうるトラブルを知識として提供できる

配管工になって間もない経験の浅い職人は、現場でどんなトラブルが起こるか想定できません。何しろ右も左も分かりませんから。

そんな職人に対して、想定されることを全て教えるということは不可能ですが、このレポートがあれば「コレに目通しといて!」で知識を提供することができるわけです

 

いざトラブルが起こった時により早い対処ができるようになる

いくら万全の予防をしても、残念ながらトラブルが0という現場は稀です。

なぜなら、工程通りに作業が進まなかったり、いきなり予定外作業を予定されたりと、準備が不十分な状態での作業があること。

 

また、人はロボットじゃないので体調やヤル気にどうしてもムラが出てきてしまうのも理由の1つ。

となると、起きてしまったトラブルに対してどれだけ冷静に素早く対処できるかが重要なわけで、それがこのレポートにより確実に実施できるようになるのです。

 

トラブル事例のまとめ方が分かるので自分の経験を記録しやすくなる

冒頭の方で、自分で経験したトラブルをまとめておき忘れないことが大切だということをお話ししました。

ただ、「かといってどんな風にまとめたら良いか分からない」という方もいるかもしれませんね。

 

それならばこのレポートを真似していただければそれで解決です。

事例をストックするための“型”が分かりますから、記録しておくスピードもどんどん早くなるでしょう。

 

施工前に要点をつかめるため、施工のスピードが上がる

施工前に起こるトラブルを想定し要点を掴んでおくということは、言ってみればゴール(施工完了)までの障害物をかわした最短ルートが見えているということです。

つまり、施工のスピードアップが期待できるということ。

 

施工中にいちいち立ち止まって考えるのではなく、やってはいけないことを頭に入れた状態でサクサク配管することで、悩む・出戻りになるといった無駄な時間を排除できるわけです。

【現場で使える!】配管で起こる問題や失敗の事例と防止・解決方法【集大成】

トラブル事例集のデメリット

このレポートのデメリットについてもお伝えしておきます。

 

さすがに全ての事例をカバーすることはできない

どんなに優れた書籍やレパードでも、どれだけ膨大な量のデータを蓄積しても、現場で起こるトラブル全ての事例をカバーすることは不可能です。

なので、どうしても未知のトラブルに遭遇してしまった時は、それをストックして今後の糧とすることが成長につながるでしょう。

 

他の事例を組み合わせたり応用する力は必要

あくまでも“例”ですから、完全に同じシチュエーションになる方が稀だと思います。

つまり、複数の事例を組み合わせたり応用したりすることで、より早い解決ができます。

 

“専門書”としては破格です

繰り返しになりますが、このレポートは無料ではありませんので、上記のメリットを本気で手に入れたい方のみ確認をお願いします。

で、実はこの手の専門書籍というのは少ないですが存在していて、だいたい3,000円~10,000円くらいします

 

私も数冊持ってはいますが、どれも一般的なビジネス書などと比べると「えっ、このボリュームでこんなにするの⁉︎」という感じ。

そして内容も実際に現場で起こる身近な事例が少なく、なかなか活用するのが難しいなぁという印象でした。

 

それを踏まえてこのレポートは、より身近な事例を詰め込みました。

現時点での集大成と言える内容となっていますので、気持ちとしては5,000円くらいで提供したいところではあるのですが、それでは“職人経験無しの人が書いた割高な専門書”と変わらなくなってしまいます。

 

そして、1人でも多くの配管工の方に読んでほしいという思いから、3,000円・・・ではなくて、現場の仕出し弁当1食分の500にしました!

これは専門書からすると破格です。もちろん、今後値上げすることも考えていますので、今確認しておくことをおすすめします。

【現場で使える!】配管で起こる問題や失敗の事例と防止・解決方法【集大成】

今回のまとめノート

乗り込みから撤収までスムーズに何事もなく現場が終われば最高ですが、そうはいかないのが現実です。

ただ、現場で起こりうるトラブルというのは大体決まってくるのと、既に解決方法が分かっていることがほとんど。

 

なので、その事例を知っていれば最速で解決できるということ。

逆に知らなければ、対処するのにものすごい時間を要するだけでなく、体力的にも精神的にも疲弊してしまいます

 

それで経験は積めるかもしれませんが、既に分かっていることを時間をかけて遠回りして学ぶことほど無駄なことはありませんから。

そしてそのトラブルと解決の事例を一瞬で手に入れられるのが、今回ご紹介したレポートです。

 

出来るだけストレスを減らし、無駄な時間を費やすことなく現場をこなしたいという方は、ぜひクリックして確認してみてください。

【現場で使える!】配管で起こる問題や失敗の事例と防止・解決方法【集大成】

 

レポートの購入を迷っている方へ

もし、このレポートについて分からないことや、不安な事、疑問点があれば、遠慮なく私に聞いてください。

本当にあなたに必要かどうか、話を聞いたうえでアドバイスさせて頂きます。

相談してみる

では、良い配管工ライフを!