天井配管の吊りピッチ

天井配管においては、吊りピッチが重要になってきます。

適切な位置で吊りが確保できていないと、配管がしにくいだけでなく、強度が確保できず、最悪の場合配管のたわみ・変形・脱落などが起こってしまいます

スポンサーリンク

具体的な基準

基本的な吊りピッチは、現場によって決まっている事がほとんどですが、公共工事の基準は厳しいですから、それを満たしていればまず間違いはないでしょう。
公共工事吊ピッチ公共建築改修工事標準仕様書より抜粋(P.40付近)

継手近辺の吊り

直線部の吊りピッチは良いとして、注意が必要なのは継手近辺の支持です。現場によっては、継手から300㎜以内など明確なルールがあるケースもありあますが、ほとんどの場合、施工する人に委ねられています。

つまり、継手近辺の支持に関しては施工する人のセンスと力量が問われるわけです。

ではどのような位置に取るか

感覚的な話にはなってしまいますが、13A〜65Aは継手の端から100㎜〜150㎜程度、75A〜200Aは150㎜〜300㎜程度かと思います。

吊バンド位置

☑継手が近いケース

継手間の距離が近い場合には、中央にしたり、配管方向に見て継手の手前に取れなければ直後にするなどの対応も必要になってきます。

継手間隔が近い吊り

継手に近い方が良いと言うのは事実ですが、のり付けや締め込みの邪魔になってはいけませんので、その点は使用する継手を考慮して位置を決定します。

☑イレギュラー対応

それから、天井の形状や他の配管などとの絡みで、配管の直上から吊れないと言う事も少なからず発生します。そのような時には、あまり考えすぎず少しずらした位置から全ねじを曲げて吊れば大丈夫です。

障害物があるから斜めに吊る

※あくまでも吊りが確保出来ているという事であり、横方向の力が加わったりする可能性もありますから、振れ止めなどの処理は適切に行う事が前提となります。

このように、配管の支持と言うのは、吊りの位置一つとってもとても奥が深いです。現場経験を重ね、時間をかける事なく適切な吊りの位置を判断できるようになりたいですね!

吊バンドの吊り方色々

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です