ALC面への穴開けと施工

ある程度規模の大きな建物になると、外壁がALCパネルの場合があります。倉庫や工場、ショッピングモールなどに多いです。

ALCは軽量で断熱性が良い上に加工が容易であるため、使い勝手が良いのだと思います。

ALCパネル※出典:ALC協会

外壁や間仕切りにALCが使用されているということは、配管時にも少なからず穴開けや器具の設置、支持金物取付などの作業が発生します。そこで、ALCへの穴開け・指示金物の取付け・穴埋めと補修について、簡単にまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

穴開け

ALCは比較的柔らかい素材ですし、専用のホルソーもありますので、穴開けに関してはさほど苦労することはありません。
穴開け用のキリあれこれ

100㎜間隔などで鉄筋(2分程の柔らかいもの)が入っていますが、ホルソーでそのまま切断することが出来ます。※基本的に鉄筋の切断は強度が落ちるためNGですので、やむを得ない場合です

また、石膏ボードと同様に穴開け時の粉塵がかなり出ますので、養生やマスクの着用を徹底した方が良いです。

器具・支持金物の取付け

ALC面に器具や支持金物を取付ける際には、アンカーを打つ専用のビスを使用することがほとんどかと思います。

上からトリオン、プラスチック製アンカー、ALC用ビス

写真のトリオンは、専用の打ち込み棒を使用しハンマーでそのまま打ち込むタイプであり、古いものやひびが入ったものに使用すると大きく崩れる可能性がありますので注意しましょう。

また、専用のビスについては、入りきった後に回し続けてしまうとALCが削れて効かなくなってしまいますので注意です。

他にもALC用のアンカーは様々な種類がありますが、コンクリート面と比較すると強度は明らかに弱いので、支持方法やピッチをよく検討して施工しましょう。

穴埋めと補修

ALCに関しては、配管貫通部の穴埋めや補修については、専用のものを使用します。

施工要領はドライモルタルなどと変わらず、水を加えて練るだけです。モルタルに比べると若干パサつきを感じるかもしれませんので、バックアップ材や複数回に分けて埋めるなどの処置が必要かもしれません。

ALCの施工に関しては以上になりますので、作業の参考にして頂ければありがたいです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

穴開け用のキリあれこれ

スポンサーリンク




ALC面への穴開けと施工」への3件のフィードバック

  1. はじめまして。ALCの貫通穴補修を検討しております。
    そしてこのブログをみつけました。
    店舗退去後のALC100mmの換気口穴を塞ぎたいです。
    私は素人なので業者への依頼を考えてます。
    業者は、左官屋さん、塗装屋さんなどのどの業者さんに依頼すればよろしいでしょうか?

    返信
  2. dongori

    誠さん、ご質問ありがとうございます。
    100mmとなると結構大きいですね・・・
    結論から言いますと「左官屋さん」になるかと思います。
    念のため専用の補修材で埋めてもらうようお願いしておいた方が良いと思います。
    ただ、もし他の工事もあり付随作業としてやってもらうなら良いのですが、それだけの為にお願いするとなると、少々割高になってしまいます。
    (知り合いの職人さんでもいれば別ですが)
    それから、埋めた跡は必ず残りますので、露出箇所で綺麗に仕上げたい場合には、やはり別途塗装の必要があるでしょう。
    個人的には、“埋まっていればよい”のであれば、自分でやることをお勧めします。
    必要なのはALC補修材・バケツ・左官ゴテ・オカメ・バックアップ材で、ホームセンターで全て揃います。
    ポイントとしては、“ラス網”と言われるバックアップ材を中に入れ、少し硬めに練った補修材を中の下の方から何度かに分けて埋めることです。
    (1度に埋めようとすると補修材自体の重さで崩れてきます)
    最後は左官ゴテで擦りつければ素人でもそれなりに仕上がります。
    参考になれば幸いです。

    返信
    1. こじん

      上記記載の オカメってなんですか? グーグルで調べてもでてきません。
      よろしくお願いします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です