防食テープの巻き方

鉄管やSUS管がコンクリートを貫通する場合には、貫通部をモルタルなどで穴埋めすることがほとんどです。その場合、腐食対策として防食テープを巻きますが、特に竪管については、巻く方向に注意が必要です。結論から言いますと、「巻き上げる」方向となります。

防食テープ

※絵がとてもヘタクソですみません・・・

巻き上げますと、下のテープに上のテープが被さりますので、穴埋めをした際に、水の浸入を防ぐことができます。防食テープの隙間から水が入り、ちょうど下のテープと上のテープが重なる箇所が顕著に腐食していた例もあるそうです。ちょっとしたことですが、それで配管が少しでも長持ちするのであれば、ぜひ意識しておきたいところですね。

なお、公共工事では2重巻き、つまり一方向から巻いたらまた逆から巻き戻しますから、あまり意識する必要はないです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です