見えてない?

天井配管するときの話です。管の種類はなんでもいいんですけど、ルートが決まっていれば、まず吊バンドを吊っていくってことありますよね。その時に私がよくやってしまうこと、というか後々あちゃーって思うことがあります。

それは、一言でいうならば、“実は配管が通らない”ということです。例えば、何か他の配管が邪魔しているとか、管自体は通るんだけどフランジが通らないとか。すべて完璧に見極めるのは厳しいとしても、なんで気付かなかったんだろう・・・ってこともよくあります。

とにかくバンドを吊るのに夢中で周りが見えてないんですねー。やっぱりバンドを吊るときは、実際の配管をイメージしながらできるといいですよね。少なくとも完全に障害物にぶち当たってる、みたいなのはないように心掛けています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です