竪管の径が変わる場合の支持金物について

団地などある程度高さのある建物の竪管は、階によって管径が違ってくるケースがあります。例えば、直結増圧方式であれば、給水管は上階にいくほど細くなるのが一般的です。この時、もし竪管の支持を「スペースマンとUボルト」などでやる場合には注意が必要です。
スペースマン+Uボルト
なぜなら、管径が異なると、壁から管の接触面までの距離も異なってくるからです。
スペースマンでの支持
この場合の基本的な対処法としては、スペースマンと管の接触面との間にウレタンなどを挟み隙間を埋めることです。ただし、距離がありすぎるケースでは、逆にUボルトのネジ部分の長さが足りなくなってきます。ですので、実際には配管径が変わることを踏まえた上で、指示金物を選定する、もしくは取り付け方を工夫する必要があります。(スペースマン自体にスペーサーを入れて取付けるなど)
スペースマンのすぺーさ~
とても些細なことですが、結構重要なことかと思います。実際に配管をしていて金物が取り付けられなければ、再度発注して後から取付けるという二度手間と材料の無駄が発生しますので・・・

ちなみに、強引に取付けるということもできるかもしれませんが、その分どこかにシワ寄せが来るので、やめた方が良いでしょう。
UボルトとUバンド

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です