水を抜きたいとき

水を抜きたいときはエアーをかませましょう!
これは、よくストローを使って例えられます。ストローで水を吸ってふたをしておくと、水は落ちませんよね。
ストロー理論
で、ふたを取ると水が落ちますね。配管もこれと同じで、空気を入れてやらないとうまく水が抜けません。つまり、水栓を開けたり、メーターを緩めたり、継手を緩めたりしてエアーをかましてあげるとよいわけですね。この際のポイントとしましては、より高い位置でエアーをかませてあげーの、より低い位置で水を抜いてあげーのです。水は当然高いところから低いところへ流れますからね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です