残業とは何ぞや

はっきり言って私は残業が嫌いです。(好きな人はいないかもしれませんが)
で、一番いやなのは、残業して当然と思っている職長さんです。新築などでどうしても工期に追われていたり、朝予定していた作業の半分も終わっていなかったりすれば当然残業すべきだと思います。

しかし、問題なのは何の前触れもなく定時以降もそのまま作業を続けている時です。職長以外の人にしてみれば、なんで作業終了の声が掛からないのか、いつまで続ければよいのか不安になってきます。そして、当の職長さん本人は、そのような時には大体焦っていますので、自分の作業に没頭しているわけで・・・

更にそんな時は現場の雰囲気も良くないわけで・・・

そうならないためにも、忙しい時こそ、残業の有無やその日にどこまでやるかをはっきりさせる必要があると思います。とにかく、不安な気持ちで作業していると怪我の元ですし、効率も良くないので、そんな気持ちにさせない職長にならなきゃいかんと思う今日この頃です。
職長の大事な仕事 時間管理

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です