作業を他人に教えることができるか

私の知り合いの配管工のお話です。職人歴が10年をを超えているのですが、周りからの評価がとても低い人がいます。私的には経験も十分だし、知識もあるのになぜだろうと思っていたのですが、付き合いが長くなるにつれて、その原因がわかってきたような気がします。

その原因とは、「他人に作業を教えることができない」ということです。もうちょっと平たく言えば、コミュニケーション能力が低いということです。つまり、知識もあり自分では分かっているつもりでも、それを他人に伝えることができないのです。

そうなると、人をまとめたり、支持を出すことも当然できません。2人以上で一緒に作業を行うのもちょっと厳しくなってきます。そこで周りの人達は色々とアドバイスをするのですが、素直に受け止めることができず、「でも」「だって」を繰り返してしまう始末です・・・そうなると、もう成長はありません。

ただ、そこで自分自身についても振り返る必要があると感じました。「しっかりと伝えることができているのだろうか?」自問自答するということです。私はまだまだ教えてもらうことが圧倒的に多いので何とも言えませんが、分かりにくい説明だと、やはりいい気分はしません。

職人がよく言う「仕事は見て盗む」なんて時代は、とっくに終わったと思います。いかに分かり易く作業内容を教える、もしくは伝えることができるかということもこれからは重要なスキルになってくると感じています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です