一人でできるもん!

ある日私は考えました。先輩から「マモノ(150㎜の耐火二層管)にソケットのり付けしといて」と言われ、じゃあソケット入れるから誰かパイプ押えといて!って誰もいないし・・・

そこへ先輩がやってきて、「まだやってねーのかボケなすっ!」「俺がパイプしっかり持ってるから早くソケット入れちまえ!」とは言わず、そんな場合はこうすればいいんだよってパイプの片側を壁に押し当ててソケットをスコーンと入れてくれました。
一人でのり付けベテランの方にとってみればそんなことは当たり前だと思いますが、青二才の私はなるほどーと感心しました。今回は簡単なケースですが、配管では工夫すれば一人でも出来ることとどうやっても二人いなきゃ出来ないことなどを判断して、なるべく悩まないようにしなければなりませんよね。

ちなみに、先程の壁(他にも柱など)にパイプを固定する例ですが、必ず“パイプを押しつけてもよい壁か”を確認しましょう。結構な強さで押しつけますから、場合によっては塗装がはがれたり一部が崩れてしまったりする可能性があるからです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です