ひと撫での愛

鉄管に限った事ではないのですが、フランジってのはよく使いますよね。
白フランジ
このフランジは大概、間にパツキンを挟んでボルトナットで締めこみます。鋳鉄やステンレスのフランジは表面がつるつるてかてかしていますが、その部分に何かが付いていると漏水の原因となります。

配管ってのは色んな環境でやるもんですから、ほぼ何かが付いてしまっていると思った方がよいですね。そこでフランジの穴にボルトを入れる前に表面をひと撫で。これだけで漏水の可能性は限りなく0に!!

後はナットを均等に締めたりーとかありますけど、それは置いておいて。特に急いでいる時こそ、“ひと撫での愛”です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です