どの呼び方が正しい?

配管工の仕事を始めて戸惑ったことの1つに管の呼び方があります。というか太さの事です。
「インチ」とか「ろくぶ」とかです。最初はわけがわからず、「それってどのくらいの太さですか?」
って聞いてました。そもそも単位がたくさんあるからこんなことになるんですかね。

  • 分(ぶ) → 3.03㎜
  • インチ → 25.4㎜

これだから、内径20㎜の管を「ろくぶ」とか言ったり、内径25㎜の管を「インチ」とか言ったりするんでしょうね。(私的には㎜に統一したいところです・・・)

それから個人的には、鉄管はインチで表現することが多く、ビニール管は㎜で表現することが多い気がします。白ガス管を扱う時に「にーはんの管」と言われて、「兄さん」のなまりかと思ってしまいました。
※実際には2と2分の一、つまり65㎜の管です。

最近ではようやく色々な呼び方に対応できるようになってきましたが、材料を頼むときだって電話でのやり取りが多いわけですから、呼び方がたくさんあると聞き間違いとかもあると思うんですよねー。とにかく私的には㎜に統一したいです。この気持ちはどこにぶつけたらいいのでしょうか。。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です