そんなに錆びる!?

とあるマンションの給水管更新工事での出来ごとです。といっても、各系統に系統バルブを取り付け、メーター周りの1次側と2次側の給水管更新、メーターユニットへの更新というものです。
※今回は元々系統バルブがなかったので取り付けが必要でした。

断水の日に備えて、色々と段取りをしていましたが、保温を剥いて管の状態を確認したところ、だいぶ古いなーという印象でした。そして、いざ切替の日まずは既存の管をレシプロソーで撤去するわけですが、ブイーンと切断箇所に刃を当てた瞬間でした。

ゴンっという音とともに、まったく関係のない箇所から既存管が落ちた(?)のです。一瞬びっくりして何が起きたのか分かりませんでしたが、系統バルブが閉まっているのでさほど水は出てきませんでした。

原因は給水管の継手部分の錆によるものと分かりましたが、もうそれは管というよりは、ふんずけた「うまい棒」のようでした。古い給水管ではよくあることのようなのですが、段取りの最中じゃなくてよかったーって感じです。古い建物のメーター周りを確認する場合には注意したいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です