その止水栓、本当に効いてる?

洗面化粧台や便器を外す時には、まず止水栓を閉めますよね?例えば以下。
止水栓加工済み
その際に私が1番注意しているのは、“止水栓が効いているか”ってことです。もし止水栓が効いていないのに接続されているフレキやホースを外してしまったら・・・悪夢です。トイレなんかだとプールですね。

ですので、止水栓との接続部分を外す場合は、その前に必ず蛇口を開けて完全に止水されていることを確認します。便器であれば、流してみれば分かります。これがまた「そんなの確認して当然でしょ!」と思っていても、実際に急いで作業していたりすると結構確認を怠ってしまいます。(焦りすぎて止水栓を閉めずに接続を外してしまう人もいるくらいですし)

「てか、効かないなら何のための止水栓だよ!」というツッコミも当然入れたくなりますが、古いものだと錆などでハンドル部分が回らないものすらあります。もし時間的に余裕があったり、外している間にそれ以外の器具が使用できなくても大丈夫ということであれば、メータの元栓を閉めるのが一番安全です。

しかし忙しい改修作業などでは、そんなことをしてられないケースがほとんどかと思います。ちょっと大げさかもしれませんが、止水栓は“効いてたらラッキー”くらいの感覚でいれば、まず部屋も自分も水浸しになることはないかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です